平成30年4月23日の不動産・賃貸ニュース

気になったニュースはマンションと高齢化問題

密かに増える「内部崩壊マンション」の恐怖 東洋経済オンライン

都会ではマンション生活が当たり前になってますが、

その管理状況は行き届いているのでしょうか、

管理会社がマンション維持の責任を全うに果たしているのか?

経費の中抜きが怒っていないか、など色々な問題が有ると思っていました。

さらなる問題は高齢化

日本の年齢は高齢化が進み、もはやし寄りしかいない状況

それがマンションに一人すまいとなると更に深刻な問題が起こっています

  • 住居している人が老人しかいない
  • 住んでいる住宅がゴミ屋敷
  • マンション住民が管理に対して無頓着
  • 一人暮らしの老人がなくなった時の遺族への連絡ができない
  • リフオームをこなっても給排水は手が出せない

など、マンション管理、不動産も高齢化の時代に突入になったようです。

平成30年4月23日の「不動産」ニュース

不定期になると思いますが、不動産で気になった記事を掲載します。

 記事

 


  

コメントは受け付けていません。