ローンの固定金利と変動金利について

Sponsored Link

借りる金額がそれほど多くない時には、
固定金利でローンを組むことが大半だといいます。

一方、
借入金額が高額になると、
変動金利でローン融資を組むということが多いようです。

ローン融資を受ける時に、
変動金利と、
固定金利とでは、
どんな違いがあるのでしょうか。

金利を固定して融資を受けることのメリットは、
全額返済までに必要な金額が明らかなことです。

固定金利の方が、
変動金利よりも必ずお得になっているかどうかは、
必ずしも言い切れません。

固定金利にして、
金利を一定にしておいたほうが、
安心感は高くなるでしょう。

利息を比較した場合、
固定金利で融資を受けるほうが、
返済総額が多くなることがあります。

景気が大幅に変化して金利がふえることはありますが、
それほど急に金利が上がることはありません。

返済総額を少なく抑えたい場合は、
得に住宅ローン等の借入金額が大きいものは変動金利が適しています。

危険性と抱き合わせで利用する金融商品なら、
結果的には得にもなりますが、
そうでなければ得にはならないものです。

ローン商品も同様であり、
安全とお得のどちらを取るかによって自分に合った金利タイプが変わってきます。

消費者金融議会は固定金利のローンを扱っていることが多いですし、
銀行は変動金利と固定金利のどちらも扱うことが多いようです。

    Sponsored Link

    最新情報

    Sponsored Link

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。