自己資金ナシで結婚式とマイホームを同時に実現する方法

Sponsored Link

結婚式とマイホーム

両方とも、まとまった

現金が必要なイベント。

 

結婚式は一般的に、

300万円前後の現金が必要です。

 

ご祝儀である程度まかなえますが、

事前に現金は用意するものです。

 

マイホームにしても、

住宅ローンを組む際には、

頭金を多く入れた方が負担減になります。

 

また、マイホームの購入には、

登記費用や税金など、

諸費用がかかります。

 

この分も、現金で用意する

必要があります。

 

だから今は、

結婚式を挙げない人や

マイホームを持たない人も増えています。

 

株価が上がった、景気が良くなった。

新聞やTVでは盛んに報道されていますが、

ほんの一握りの人しか恩恵を受けていません。

 

ましてや、結婚適齢期にある若年世代は、

雇用情勢も不安定で給料も伸び悩み、

将来に自信を持てる世代ではありません。

 

結婚式やマイホームなど、

夢物語でしかないという人が

実際に増えています。

 

S-2014年11月16日01

 

晩婚化、少子化を食い止めるためにも

 

これからの日本を支えて行く

大事な若年世代が将来に希望を持てない。

そんな世の中でいいのでしょうか?

 

経済的な自信がないから結婚しない。

結婚しても、子どもをつくれない。

晩婚化、少子化の要因のひとつです。

 

そんな不安を抱えている世代に、

思い切ったプランを提案した人がいます。

すごいことを考える人がいるものですね。

 

広島県にある工務店が、

若年世代にターゲットを絞り込んだ

素晴らしい提案を始めたのです。

 

マイホーム新築の請負契約をすると、

完成したマイホームに親戚・友人を招いて

ホームウェディングをするというプランです。

 

しかも!驚いたことにウェディング費用を

工務店が負担するというのです!

 

もちろん、ウェディングパーティは、

大工さんや職人さんが取り仕切るのではなく、

一流のプロデューサーが全面サポートします。

 

本当に、そんなことをタダでやってくれるの?

これは驚きですよね。

 

結婚祝いと新築祝いを兼ねることができる。

本当に面白い企画・サービスだと思います。

 

S-2014年11月16日02

 

これは住宅ローンのカラクリを使ったサービスだ!

 

マイホーム取得のための住宅ローンも、

100%融資ができるということです。

つまり、頭金ナシで買えるのです。

 

工務店と提携している金融機関の

いわゆる提携ローンを利用するか、

フラット35の10割融資だと思います。

 

いずれにしても、

このサービスを可能にするには、

以下のカラクリがあると私は考えます。

 

まず、ウェディング費用は、

建築請負代金に上乗せされています。

 

例えば、建築延べ床面積30坪の建物を、

坪単価50万円で出来るとしましょう。

 

つまり通常1,500万円のところを、

1,700万円くらいで契約するのです。

 

S-2014年11月16日03

住宅ローンの申込みをする際は、

建築請負契約書を添付しますので、

その金額が融資申込み金額になります。

 

勘の鋭い人は気づくと思いますが、

ウェディング費用も

住宅ローンで借りるのです!

 

ウェディング費用を

金融機関から融資を受けるサービス、

ブライダルローンというのがあります。

 

金利は5%程度です。

住宅ローンの2倍以上です。

ここに目をつけたのでしょう。

 

住宅ローンとブライダルローンを

金利の低い住宅ローンの方に

“おまとめ”するサービスだったのです。

 

私は、このサービスを決して悪いとは思いません。

欲しいと思ってもガマンしている人の、

夢を実現する仕組みなのですから。

    Sponsored Link

    最新情報

    Sponsored Link

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。